季節 日焼け対策

季節で変わる日焼け対策

日焼け止めの効果

お肌をいい状態にしておくために、日焼け対策には力を入れましょう。
紫外線からお肌を守るためには、季節を問わずいつでもケアをすることです。
真冬でも、日焼け防止に必要なことをやっておきましょう。
紫外線は5月くらいから増加し、6月には真夏並みになります。
春のうちからきちんと日焼け対策をしておかなければ、お肌にダメージを与えてしまいます。

 

せっかく日焼け止めクリームをつけても、汗をかいて流れてしまうこともよくあります。
頻繁に日焼け止めクリームをつけましょう。日常生活においても3〜4回は塗りなおすと日焼け対策には効果的です。
効果が強力なクリームを一度つけるより、数字が小さいものを繰り返しつけていた方が、日焼け止め効果はあるといいます。
十分な効果を得るためには、日焼け止めクリームを必要十分量つけましょう。
つけ忘れがちなのが顎の下部分です。紫外線はあちこちからはね返る性質がありますので、あごの下も油断できません。

 

夏ほど強くなくても、年間通して紫外線は皮膚に届いています。
紫外線が弱い季節でも、うっかりとすると日焼けをしてしまうでしょう。
冬は紫外線が夏ほど強くないため、肌も紫外線への影響を受けやすくなっています。
春になって紫外線の量が増えてくるとそのダメージは夏のもの以上になると言われています。
季節を問わず、紫外線対策をきっちりしておくことによって、紫外線からお肌をガードすることができます。

紫外線をカットする効果のある商品について

日焼け止めクリームは、紫外線をカットするために使うものとしてまず考えるものといえます。
紫外線をカットするために、専用の服を身につけるという方法もあります。
日焼け止めクリームの紫外線カット効果は、化学的な成分によるものです。
薬品のつけすぎは肌に負担になるという人は、服を利用するといいでしょう。

 

紫外線カット製品と呼ばれるものには、大きく分けて2つあります。
紫外線カット効果がある素材を使う場合と、紫外線カット効果がある加工をした場合です。

 

加工段階で紫外線カット効果を付与するものとは、紫外線吸収剤をでき上がった製品や、製品一歩手前の素材に塗布することで、紫外線カットの効果を持たせることです。
この場合、紫外線カット効果は、永久的に続くものではありません
紫外線吸収剤を塗るほうは、時間がたつにつれて徐々にカット効果が下がります。

 

一方、素材の段階で紫外線カット効果を持たせるほうは、国が安全性を認めている有機物質や、カーボン繊維やセラミック繊維などを、布地に織り込みます。
素材の段階で紫外線をカットする機能を含んでいるものは、繰り返しの洗濯や、長期間の使用においても、紫外線をカットする性能が劣化しないといいます。
加工される繊維はポリエステルやレーヨンなどの化学繊維です。
綿素材は加工が不可能なため、紫外線カット素材で綿100%というものはありません。
泥練洗顔の口コミ